目指すは第2のドバイ!エジプト新行政地区を買う

世界のタイル買ってみる

ここ最近はEarth2ですることがあまりありませんでした。サウジアラビアの開放に備えてタイル購入は控えており、資源産出が実装されるまではジュエルの合成にも手をだしていなかったのです。

ところが、以前ちょっと気になっていた地域を調べてみました。それがエジプトの新行政都市です。

エジプトの新行政地区(名前はまだない)

ここは現在開発中のまったく新しい都市で、カイロから東に50㎞程度離れた砂漠に次々と行政施設を始め高層ビルや公園などが作られています。のべ面積はシンガポールに匹敵するそう。名前はまだ決まっておらず公募しているそう。

google map より

中央に見えるのはアフリカで一番高いビルになる予定のアイコニックタワー。周辺にも高層ビルが建っていますが、このくらいのビルがあたり一面に建っていく予定だそうです。

今ならタイルも安いし、どこを買っても外れがないはず。なんといってもすべてが新築なんですから。

場所はカイロから東のニューカイロからさらに東の砂漠です。

ところが、いざ買おうと思っても、どこを買っていいかわかりません。頼みの綱のgoogel mapでもあたり一面砂漠です。

google mapより

商業地区の中心(となるはず)のダウンタウンエリアです。まだほとんどが砂漠で、道路も整備されていません。ところがgoogle mapを拡大していくと

いたるところにショッピングモールの表示がでてきて、選択すると完成予想図が見えるものも半数ぐらい。なので、うっすらみえる道路に従って、1ブロックを買っておくと何かしらのショッピングモールが1棟は手に入ると思います。今なら1ブロックは5千円~1万円程度で買えるのでNFTのミステリーボックスを買う感覚でいかがでしょうか?

こちらは海外の方ですが、行政地区に近いブロックを見事に押さえています。費用に余裕があればこのくらい大胆に買い占めたいですね。

こちらも海外の方。赤線で囲んだ地域がダウンタウンの一等地なのですが、買い占めができないように列を作って買われていますね。将来、建物が建ち始めたら周辺を買い足すのでしょう。もしくは、部分的に売っていくか。


ちなみに、現在はできませんが、隣接したタイルの結合が予定されているそうなので、後で買い足して大きなタイルのまとまりにすることができるようになる予定です。そうなるとタイルの売買もより活発になるでしょうね。そのため、資金がなくてもとりあえず1タイルのみ買っておき、将来転売する戦略も実現可能性が高くなってきました。


どのタイルを買うか

今回私が購入したのは3か所のタイルです

行政関係

新行政地区だけあって、行政関連の建物は先行して建てられているようです。個別の建物を1棟買うこともまだまだできますが、私は大統領官邸(Presidential Palace)の一画を少しだけ購入しました。

ダウンタウン

商業の中心地区となるといわれているダウンタウンも購入しました。こちらはすでに建設が始まっていることが衛星写真で確認できるショッピングモールを数棟まとめて購入しました。こういうタイルがまだまだ残っているのがすごいですね。

CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)

最後は、アイコニック・タワーが建つビジネスゾーン(CBD)です。当然ですが、アイコニック・タワーやその周辺の建設が確認できる高層ビルは買われています。とはいえ1棟ではなく部分であればまだまだ買えますが。

私は基本的に1棟買いが好きなので、現地の不動産会社のサイトを使って外観が好みの高層ビルを探しました。

砂漠の中でピンポイントで買えたかどうか若干不安ですが・・・

新行政地区の今後について

新行政地区はエジプトの大統領の肝いりでスタートしたらしく、その政策の良しあしについてはいろんな意見が出ているそうです。

とはいえ、これから第2のドバイを目指すといわれているエジプトの新行政地区、まだまだ空きのあるうちに一等地を探してみてはいかがでしょうか?

購入の際にはお得な7.5%クーポンをご利用ください。

L0F9RXC5FX


ちなみに、なぜか本記事執筆時点でエジプトタイルの購入価格とマーケット価格が乖離していて、買った瞬間に評価額が40%近くUPします。(日本を始め多くの国は購入価格とマーケット価格は同じです)

どういった仕様かわかっていませんが、早めに買っておくとよいかもしれません。当然ですが判断はご自身で行ってください。

本日もお読みいただきありがとうございました。次回の記事でまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました